典型的なインプラント治療

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも一部で見られます。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。