妊娠を希望している方や妊娠を計画されている方

妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。
なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。
妊娠を希望している女性だけでなく、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、精子が活性化することを助けてくれるのです。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみるのが良いと思います。
葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の場合は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。
また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良いと思います。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性の問題ばかりでなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。
いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。
疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
基礎体温でタイミングを見計らっても、出来ない時は出来ないのだと感じました。
友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。
原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ません。それというのも、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話は当然、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。
妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。
そのため、妊娠しても問題の無い母体になるために、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。一人目に男の子を産んでいたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸の補給が不十分になると、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる危険性があります。こうした事を踏まえ、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。その中でも先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は最も注目したい効果です。
こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸をしっかりと摂取することが大切だと思います。
例えば、葉酸のサプリならば摂取が簡単だと思いますから、ぜひサプリを活用してみてください。