妊娠初期(妊娠前1ヶ月?妊娠3ヶ月ごろ)

妊娠初期(妊娠前1ヶ月?妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。
母子ともに健康な体でいるためにも、例えばサプリメントなどを活用しながら日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。
厚生労働省の推奨では1日あたり0.4mgとなっています。
さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。
葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというとあまり現実的ではありません。
ですからサプリを活用してみるのが良いと思います。ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。例えば、フルーツで言うと、イチゴが有名です。
あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと発表されています。または、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。
葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補ってもおススメです。妊活中の女性に対して、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高くなるそうなのです。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
妊娠を希望する方や計画している方が、意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。
妊活中の女性はいつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。妊娠検査キットで妊娠が分かる以前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。
出来るだけ早く胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。
妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。
ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、いくつかの種類がありますし、葉酸だけが入っている製品は少ないですが、そのかわりに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が一錠のサプリに詰め込まれていますから、適切な量の栄養素を手軽に摂取できます。こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。
妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって葉酸が溶け出てしまっていることもあります。結果的に、摂取量が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。葉酸の過剰摂取による副作用は、不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。
そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、注意するようにしましょう。葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。
ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。そうした場合、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も簡単に管理できますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には是非試してもらいたいですね。
妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。この期間は葉酸の十分な摂取が必須です。
では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が要らないのかと言うと、それは違います。
葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。