流産を経験しています

流産を経験しています。ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、流産してから1年後くらい経つと、「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊活について調べるようになりました。
妊娠しやすい体になることを目的に、以前から冷え症に悩まされていた私は、苦手だった運動を始めました。
大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、低体温が改善し、基礎体温が上がったので困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。水溶性ビタミンの一つである葉酸は、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。
胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。
妊活中の体調管理をするのに適したサプリと言えば、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。葉酸が持つ効果としては、貧血を防ぎ、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。
ほかにも、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。
ですので、夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんもいらっしゃると思います。しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。ですから熱を加えてしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りていないかもしれません。
葉酸は加熱によって失われやすいため、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法に気を付けてほしいポイントがあります。
葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱しなければいけない場合、加熱時間を短時間にして熱は通す程度にした方が良いと思います。しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな時はサプリを利用するのが手間がかからず良いと思います。亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。
妊活中にも、亜鉛の摂取を心がけてください。
なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。女性のみならず男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、健康的な精子の増加を助けてくれるのです。
妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。
今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取をすすめてみてください。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。なぜかと言うと、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。
もちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。
妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から、積極的な葉酸の摂取をするのが良いでしょう。葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜と呼ばれるものが該当します。
妊娠後、早めにこれらの食材を摂取することによって、先天異常の発症リスクが抑えられるらしいのです。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。
納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをお勧めします。葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。